かわいいあんよ*little paws diary*

    3ヨーキーズと暮らす・・ささやかな日々を綴ります

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   cm: --

ハンドパワー  

ミミさんに腫瘍がみつかってから、
藁をもすがる思いで始めたマッサージ。

ミミさんもすっかり気に入ってくれて
もう2年近く、毎日何度も何度も繰り返される二人の日課となりました。



ミ) そろそろ例のものお願いします。

141208-2.jpg
はい、はい。

141208-3.jpg
ミ) ん~ 極楽、極楽。

141208-4.jpg
ミ) もっと。

141208-5.jpg
ミ) やみつきになるわぁ。



マッサージについては、それまで全く知識がなかったので、
慌ててホリスティックの講座で少しお勉強しましたが。

例えば知識がなくたって

ワンコ達が気持ちよさそうな表情をしてくれる場所を、
優しく撫でてあげられたら、
それだけでも十分OKなんじゃないかと思います。

「もっと、もっと~」の合図と、
「そこは苦手です~」の合図は、
ワン達の方でちゃんと出してくれますしね。

撫で撫でしてあげている時のミミさんのウットリ顔は、
本当に気持ちよさそう。

きっと、心にも体にも
良いエネルギーが生まれていること間違いなしです。

ヽ(^o^)丿

スポンサーサイト
tb: --   cm: 0

ココ * 結果  

今日はココさんと動物病院へ行って来ました。
先日、手術したところの抜糸です。

下の写真は、手術の翌日のもの。


実はココさん、お尻だけでなく、前足にも小さなオデキが発見され、
(とってもとっても小さかったのだけど)
今回それも一緒に切除しました。

そしたら、術後、その足の方の傷跡を舐め始めてしまい
こんなエリザベスカラー姿となりました。(>_<)

暑いこの季節、これをつけると耳が蒸れやすいので、
取ったり、付けたり、取ったり、付けたり、ちょっとせわしなかったけど
お蔭で、傷口は2か所とも綺麗に完治。

ココさん、頑張りました。


で、肝心の病理検査の結果ですが。

お尻に出来た方は、肛門周囲腺上皮種
前足に出来た方は、形質細胞腫の可能性が高い

とのこと。

前者の方は、組織学的には低悪性度に分類されるようですが
リンパ節などへの転移は稀で、病変部を完全に切除してしまえば
予後は良好。

また後者の方も、
慢性的な炎症によるものか、はっきりしないところでしたが
こちらも、きれいに取ってしまえばほぼ心配なし。

手放しで喜べる結果・・とまでは行かなかったけれど
もっともっと重度で深刻な病気と闘っているワンコ達のことを考えると
十分すぎるくらい有り難い結果でした。

これからは、新たな腫瘍が生まれてこないように
ココさんも、ミミさんみたいに免疫力アップ作戦で、気をつけていこうと思います。

140819-1b.jpg

<師匠の言う事、よーく聞いて下さいよ。ココさん。>


ココさんのこと、心配して下さった皆さま。
ありがとうございました。


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

140819 大人の木

何度も枯れかけてた my tree ですが、
いつのまにか、大人の木に成長してました!

ほそぼそと・・7本目。

やったぁ。(*^-^*)/

tb: --   cm: --

サプリメントのこと  

ミミさんが使用しているサプリメントです。

140525-1.jpg

【D-フラクション】 と 【センダンα】 

腫瘍が見つかり、民間療法でいくと決めた時
腫瘍専門医の先生が薦めて下さったものを、続けています。

【センダンα】は文字通り、植物のセンダン(葉)の抽出液。

この中のどの成分がどのように効いているのかは
まだ解明されていないらしいのですが、
「これ、わりと良いみたいなんですよ~」と、先生のお薦めです。

(私としては添加物のエタノールが、ちょっとだけ気になるところ)

【D-フラクション】は、その成分のβ-グルカンが、
免疫力アップと癌細胞のアポトーシス(自然死)を誘発させるとのこと。

成分がより濃い別のメーカーのものと迷ったのだけれど
濃ければ濃いほど良いというものでもないらしく
癌の種類や状況によっては、癌の悪化に繋がることもあると知って、
結局こちらのメーカーのものに落ち着きました。

(ミミさんへの給与量もほどほどにしています)

140525-mimi.jpg

βグルカンはビタミンCと一緒に摂るのが良いみたいです。
なので、ローズヒップと一緒に食べさせてます。

こんなふうに単独であげる時もあれば、食事に混ぜてあげることもあり。
半々くらいかな。

140525-mimi2.jpg
ココさんのじゃないのよー。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *


癌についての情報は、たくさんのサイトのお世話になりましたが、
我が家にとっては、下記のサイトがとても勉強になりました。

漢方や代替医療を専門にされている病院のホームページです。
(人の癌に関してですが)
ご参考まで。

銀座東京クリニック http://www.1ginzaclinic.com/index.html

上記ホームページより「抗がんサプリメントの正しい選び方と使い方」
http://www.1kampo.com/anti-cancer-supplement/anti-cancer-supplement.html

同上「ベータグルカンについて」
http://www.1kampo.com/anti-cancer-supplement/anti-cancer-supplement-2.html


140525-2a.jpg
意味もなく、空きビンを貯めてしまいました


ミミさんは体が小さいから、数か月に1本程度で済みますが、
体の大きな子達は、必要量も多いので、大変だろうなぁとお察しします。

みんな、頑張ろ。

tb: --   cm: 0

1年と5カ月  

ミミさんに腫瘍がみつかってから、
早1年と5カ月が過ぎようとしています。

当初は、先のことが全く見えない状況に押しつぶされそうでしたが
お陰様で、悪い症状も見られないまま、平和な日々を送っています。

病気の記録が、1年近く空いてしまったのは
その間、ミミさんの体調に変化がなかったということで
とても嬉しい事です。

でも逆に言えば、今回ペンと執ったのは・・若干の変化があったからで。

前にちょっと触れましたが、
実はミミさん、先月4月の検診で、
腫瘍が少しだけ大きくなっていることが判明しました。

ちなみに、これまでの腫瘍の大きさの変化は下記の通り
(超音波による計測で腫瘍の直径のタテとヨコ)

2013年
2月 3.1cm - 2.9cm、
4月 3.1cm - 3.4cm
6月 3.27cm - 3.36cm
9月 3.16cm - 3.17cm
(多少増減がありますが、これくらいは誤差のうちとのことでした)
  ↓
2014年
4月 3.4cm - 3.9cm

計測誤差の範囲を超えて、腫瘍が大きくなっておりました。

「ミリ単位の成長がセンチ単位になってくると、ちょっとね・・」と、
先生も言葉を濁しぎみ。

「えっ、じゃぁ・・」
「このまま大きくなっていくと、1年後には・・どうなる・・のですか?」
恐る恐る聞いてみると

腫瘍の危険度というものは、
単純に大きさと比例するわけではない・・とのこと。

(例えばお腹の空間を大きく占領しているような腫瘍でも、
他の部分に影響せず存在する場合もあれば、
小さくても大事な部分に影響して悪さをする場合もある、
というようなことみたい)

ミミの場合も、
(ギリギリだけど)血管への浸潤があまり進んでいないので、
まだ若干の余裕があるようでした。

なんとか救われました。。

140523-mimi1.jpg


実は、ちょうど昨年の秋頃から、
我が家はちょっとした問題を抱えてしまいゴタゴタしていました。

当然私も、あれやこれやと何かと忙しくなり、
ワン達のお散歩も十分にしてあげられない、
自分自身もいつもカリカリしている、
そんな日が多くなっていました。

余裕のある日も少しはあったけど、
ピーク時は心身ともにいっぱいいっぱいで泣きも入る・・状態。

でもそんな状態が、ワン達にとって良い訳もなく
この環境の変化が、腫瘍の成長を促してしまったのではないかと、
推測しています。


過ぎたことは、もうどうしようもないのだけれど、
へこみます。。

(腫瘍対策のサプリメントと手作り食だけは、続けていました)



抱えていた諸々のことは、今年の4月に全て終了。
私自身も諸々のことから解放されて、今はスッキリしました。

出来ることは、またみんなで楽しい日々を送ること。
ミミさんの生きる力がググっと盛り上がる、そういう時間を過ごすこと。

そう思って、この半年を取り戻すべく、みんなでイケイケモードです。^^

140523-mimi2.jpg

楽しいことはいい事だー!

ってねっ。

tb: --   cm: 0

~12. あれから半年 ~  

あれから半年が過ぎて。

もともと進行が遅いのか
一旦お休みしているだけなのか
食事とサプリメントの効果なのか

理由はわからないけれど、

腫瘍の大きさは殆ど変化がなく、
症状も出ることなく、ミミは元気にしています。

場所と大きさからいったら
状況は、たぶんギリギリのところかな。

それでも、トウモロコシ事件のおかげで、
早く発見できたことは、本当にラッキーだったと
前向きに考えるようにしています。

この選択が、うまくいくかどうかはわからないし
これでよいのか、不安は常につきまとう毎日。

でもそれはきっと、どれを選んでも同じことだと思うから。

だとしたら、
これまで、ミミさんと一緒に、
トレーニングや、訪問活動や、ドッグダンスや、etc,
上手くいくのかな?と思うことに、挑戦してきたように

今回もまた、一丸となって挑戦してみればいい。
そんな気持ちで過ごしています。

今まで挑戦する中で、
大事なことは、結果よりも過程の中につまっている
と学んだように

この挑戦も、勝つか負けるかではなくて、
そこに至るまでの毎日に意味があるのだとしたら

腫瘍をかかえていても、
ミミさんがみんなと心を通わせ
たくさんの笑顔で暮らせることを目標にしよう。

そう思います。

未来は予測出来ないけれど、
素晴らしい時間を積み上げることはできるもの。

ミミと、ココと、カレンの、
いつもと変わらない平和な日々を守りたいな。

頑張ります!(^^)!


今月の始めから書き始めたミミさんの記録。

いつもつらつらと長くなってしまい、
感情的になってしまい、
疲れさせちゃったかな。
すみません。

気持ちが暗くなってしまうような話題なので、
公開することは、悩んだのだけど。

だけど、あの頃・・
毎晩必死でネットサーフィンし
沢山の方のブログに助けられたことを思うと、

やっぱり自分も公開しよう。
そういう気持ちになりました。

私も、いつかどこかで、誰かのお役にたてるよう、
これからも、病気のことは記録していくつもりです。

きっと、そういうことならミミさんも
「喜んでヒロインになるよ~♪」って言ってくれるかな。


食事のこと、サプリメントのこと等も、
また追々と書いていきますね。

とりあえず、過去の記録は今日で終了。

これからはまた、いつもながらの日々を中心に、
のんびり綴っていく予定です♪

だから、どうぞ今度は、
軽やかな足取りで、ご訪問下さいませね。


130203-1a.jpg
2013.2.3 の写真

おてんばさんと もじもじくんと マイペース母さんが
元気印で お待ちしています。(*^-^*)

いろいろありがとうございました

tb: --   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。