かわいいあんよ*little paws diary*

    3ヨーキーズと暮らす・・ささやかな日々を綴ります

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   cm: --

メイプルカレッジ2  

先週のことなんですが・・

メイプルカレッジの第2回目の講座があり、
東京のJDAのトレーナーさん2名と1ワンが
高速道路をかっ飛ばし 
山梨まで来て下さいました。

今回のモデル犬は
島本トレーナーさんのパートナー犬‘狛児(こまじ)’くん
元旦生まれのおめでた~い男児、4歳です



なかなかのハンサムボーイでしょ。
後姿もイケてます~♪

100610komaji2.jpg

だけど、暑かったせいか・・
コマジくん、テンションで・・若干・・まったりモード。

あらら。。やる気なしですか~。。

100610komaji3.jpg

・・と、思いきや。
そこは、さすがトレーナーさんのパートナー犬

100610komaji4.jpg

やる時はやりまっせ~^^(関西出身なのでね)
と、ビシっと決めてくれました。

100610komaji5.jpg

そんなコマジくんと共に、
終始なごやかムードで終了した今回の講座。

内容は
AAA(動物介在活動)とAAT(動物介在療法)の違い
AAE(動物介在教育)について
海外のアニマルセラピー(プリズンドッグ、グリーンチムニーズ)
日本のセラピードッグの現状
前回と同様、実践を交えながらのお勉強でした。

犬達を介在した活動は、学べば学ぶほどに奥が深く、
犬達の持つたくさんの可能性を感じます。

上記のような活動がもっともっと社会に浸透し、広まっていったら・・
犬の力を借りて、世の中の多くの事が、
良い方へ変わっていけるかな。。
と思うほど。ね。

だけど、そのためには
何よりも一番に

犬達のその素晴らしい力を
私達飼い主が曇らせることなく、
100%輝かせてあげることが大切で。

それがなかなか難しいのです。

整った環境のもと、
たくさんの愛情を受け
たくさんの経験を重ね
心身ともに健康に育ち
人間社会でストレスを感じることなく
人との深い信頼関係のもと
上手にコミュニケーションをとりあうことができる

そういう犬達を育てることが
全ての土台になるのだろうなぁと思います。

当たり前のことなんでしょうけど。
当たり前のことが当たり前に出来ていないのが現実かな。
(私自身のね)

AAAや、AATや、AAEの素晴らしさに
気持ちがばかりが先行して
形ばかりを追いかけることのないように
犬達に無理な負担をかけることのないように
人間だけの満足にならないように

土台のしっかりとした、
根っこのしっかり張った、
動物介在活動や、療法や、教育が
この国にも元気に育つと良いですね。

私達の‘DOG CLUB AMI’も、
微力ながら、そのお手伝いが出来ると嬉しいなぁ。

講義のあと、仲間とティータイム。

AMIの活動の在り方や、今後のことを改めて皆で考え、
それぞれの想いを胸に・・帰路に着きました。
試行錯誤が続きます。

100610maplecollege.jpg

来月のメイプルカレッジは、
訪問活動を行うための、
犬のトレーニング等のお話があるとのこと。

楽しみにしています♪


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

講義にも出て来た、プリズンドッグに関する1冊

100610hon.jpg

ドッグ・シェルター<犬と少年達の再出航> フォア文庫 

アメリカのオレゴン州で、少年院の子供たちが、
捨て犬のお世話やトレーニングを行い
新しい家族への橋渡しをするというプロジェクトを描いたものです。

その素晴らしい活動を、どうぞご一読下さいね。

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。