かわいいあんよ*little paws diary*

    3ヨーキーズと暮らす・・ささやかな日々を綴ります

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   cm: --

~1.入院~  

今年、我が家のお正月は、ミミの緊急入院から始まりました。

メモとして記しておいたものが残っているので、
今日から少しずつ整理していこうと思います。



ミミと私の記録です。


2012年12月31日

<午前>
早朝、白い泡状の嘔吐物が6か所あり。
いつも通りに排便があったが、
朝食は食べず、水ばかり飲む。
あまり動かずハウスの中に座っている。

午前中、様子をみることにしたが、
水を飲んでは水を吐くようになり、その繰り返し。
大好物のおやつも食べようとしない。

時間の経過とともに、吐き出す水が薄緑から赤褐色へと変化。
何かがおかしい?

<午後>
かかりつけ医は休診のため、
休日・夜間も診療しているN病院を受診。
「何か異物を食べましたか?」と聞かれたが、
特に思い当たるものはなかった。

前日の夜、ワン達を残して家族で食事に出ていたので、
もしかしてその時、何か食べた?
でも、そんな形跡もないし。。

【処置】・・皮下点滴、吐気止めの注射。

帰宅後も吐気は収まらず、1時間に1度くらい嘔吐あり。
嘔吐といっても全て水。
洗面器で水を撒くかのように、一度にバッっと吐き出される。

今までみたことのない異常な吐き方。
じっと動かず、いつもの元気は全くない。

<夜>
夜になっても嘔吐が収まらないため、再度病院へ。
我が家の他にも順番を待つ家族が数組。

【処置】・・吐気止めの注射(前回よりも強い薬を使用)
      点滴なし

不安な気持ちで帰宅した頃、
大晦日の紅白歌合戦は後半の盛り上がりをみせていた。

長い夜だったなぁ。

でも、きっと私以上に、
ミミにとっても長い夜だったに違いない。



2013年1月1日

ミミの症状は一向に回復しない。
午前中、再々受診。

血液検査をすることになったが、
検査が出来ないほどの重度の脱水状態。
体温は36.8度まで下がっていた。

担当医師から、かなり危険な状態であることが告げられ、
緊急入院となる。

【処置】・・・静脈点滴6時間 他
夕方には体温が39℃に回復した。


いつもの嘔吐と明らかに違うことを感じていたけれど、
それほどまでに悪い状態だったとは。

気付いて上げられなかったことが申し訳なくて、
泣きそうだった。

これまでの人生で最大最悪のお正月。

・・だったなぁ。

tb: --   cm: 2

コメント

ミミさん。。。元気になって良かったね~
年末からお正月、、、辛かったね、、、でも頑張ったんだね。。。
ミミさんの元気なお顔が見れて良かったよ。。。
具合の悪い時ほど・・・喋れれば、、、って思うよね~
mimichonさん、、、大変だったね。
カレンさんもミミさんもココさんも。mimichonさんもお母様も。みんなみんな元気でいてねヽ(^o^)丿

URL | リヨンママ #-
2013/07/04   | edit

リヨンママさんへ

リヨンママさん、お久しぶりです♪
ご心配、ありがとうございますね。

ミミさんが、今とても元気でいてくれるので
病気のこと、こうして書く気になりました。
ほんとに、言葉が通じない分、こちらがしっかり見ていてあげないとって思います。

リヨンちゃんも、お腹の調子とか頭の皮膚のこと、心配でしたね。
リヨンちゃんのちょっとの変化も見逃さないママさんのこと、
私も見習わなくちゃです。(*^-^*)

URL | mimichon #-
2013/07/05   | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。